海の公園リベンジ with 楽ちゃん&鮎ちゃん(2006/01/04)


昨年の大晦日,東京から横浜に里帰りするときに,黒柴楽ちゃんのおうちに寄りました。
そこで,「お正月に一緒に遊びましょう♪」ということになり,行き先は八景島シーパラダイス&海の公園に決定!

海の公園,鮎ちゃんファミリー(みるくさん&鮎パパさん)はちょこちょこお出かけしているみたいだけど,
VIEとvieは一昨年のお正月以来。そして,楽ちゃんファミリー(ますみみさん&たかやんさん)は初めてとのこと。
尚,甥っ子Sくんは風邪っ引きのため,今回はお留守番でした。残念。

そういえば,VIEはあの一昨年が海初体験。寄せ来る波に思い切り腰が引けていましたっけ。 ^m^
鮎ちゃんは鮎ちゃんで,海には見向きもせずひたすら穴掘り。ヾ(- -;) おいおい。
翌年(つまり去年)の江ノ島でも似たようなもんだったしなぁ。。。

「でも今回は元気娘楽ちゃんも参加することだし,新たな展開が見られるかもしれない。」

・・・そんな野望を胸に抱きつつ,八景島へといざ出発進行!o(^o^)o

車中から外を覗き込む楽ちゃん。お耳もルンルン。(*^o^*) 



おしゃべりしている間に海の公園に到着。みるくさんちからだと結構近いです。
砂浜での遊び方は三匹三様で,これが可笑しい。ぐふふ。

ボール遊びは楽しいよ ☆はつらつ娘 楽ちゃん☆
楽ちゃんは様々なおもちゃを持ってきてました。たかやんさんと一緒に砂浜を元気に駆け回ります。
はぁはぁ。ちょっと休憩ね。 「なんだこりゃ?」砂浜に落ちているものにも興味津々。

海といえば穴掘りよ ☆穴掘り名人 鮎ちゃん☆
さあみんな,今日もやるわよぉ〜!(`0´)ノ
必死に掘れば掘るほど後退していく鮎ちゃん。そんな鮎ちゃんをクスクス眺める飼い主達。 ^m^
ほらほら,掘るわよ!わっせわっせ! ああ,鮎ちゃん,キミはいったいどこへ行く〜?
人間達 「むむ,もしかして凄い大作が生まれるかも?」 鮎 「そうよ♪今頃気付いたの?」
そしてついに,鮎画伯渾身の作品が完成!
。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆ very d(*⌒▽⌒*)b good 。・:*:・゚★,。・:*:・゚☆



鮎ちゃん 「みんなアタシを見直した?
アタシはただ単に穴を掘ってた訳じゃあないのよ。」

人間達 「うんうん♪スゴイよ,鮎ちゃん。
今日からキミを“アーティスト鮎”と呼ぼう〜!」



オンナの戦い
鮎ちゃん 「さあ,お兄ちゃんもやりましょう!」
VIE 「・・・いや,あの,ボクは遠慮しておくよ。。。」
楽ちゃん 「アタチはやるわ。鮎ちゃんこれでいい?」
鮎ちゃん 「そうよ楽ちゃん。その調子♪」
・・・・・・の筈が,いつしかオンナの戦いが勃発!ひょぇ〜。(^o^;  
まあ鮎ちゃんたら怖い顔〜。 ^m^ 楽ちゃんだって負けてません。p(*^-^*)q

オトコの苦悩
あ〜あ〜,これだからオンナってヤツは。。。 ヨシ!ボクはこのボールで遊ぶことにしよう。
楽ちゃん 「あらVIEくん,一緒に遊びましょう。」 VIE 「いや,ボクは孤独を愛するオトコなんだ。」
それに・・・ボクにはこれからどうしてもやらなければならないことがあるんだよ。
ほら,あそこに海が見えるでしょ。 ねえちゃんがね,「今年こそは!」ってうるさいんだよ。
vie 「そうよVIEちゃん,今年こそリベンジよ!(`0´)ノ 」 VIE 「ふん,ただの水じゃないか。へっちゃらだい!」
・・・と云いつつも,波打ち際で固まるVIEであった。(〃´o`)がっくし。
楽ちゃん 「ふぅ〜ん,VIEくんもいろいろ大変なのね。」



この日はあいにくの曇り空。朝はもっと晴れるような気がしたんだけどなぁ。
それでは記念撮影とまいりましょうか。キミたちなかなかおりこうさんだねぇ。
お腹も空いたし,そろそろお昼にいたしましょう。 楽ちゃん,颯爽と走ります。尻尾がなびいてるよぉ〜。
VIEくんたら,小心者ねぇ。
こんなのちっとも怖くないじゃない。
おおっ!w(*゚o゚*)w 海に向かって走り出すVIE。
でもやっぱり波打ち際でパタッと足が止まってました。



そして一行は八景島シーパラダイス内へ。今日は何を食べようか。

ランチの前にペリカンさんにご挨拶。

「お正月からご苦労さまぁ。」


楽ちゃん,鮎ちゃんも,それぞれペリカンさんと記念撮影。
たかやんさん,みるくさん,vieオーダーの
ハンバーグロコモコ
ますみみさん,鮎パパさんオーダーの
ケイジャンチキンロコモコ
鮎ちゃん 「ママたちばかり美味しそうなもの食べてずるいじゃないの!」
・・・と不服(?)そうな鮎ちゃんの後ろにご注目!楽ちゃんの尻尾とVIEの前足がラブラブ♪

さすがにテラス席は寒かったけれど,気持ちはほんわかなひとときでした。



シーパラのお正月といえばこのでっかい門松。今年もまた記念撮影といきましょう。
一緒にお散歩,楽しいね。
匂い嗅ぎに熱中しているようだけど,さあキミたち,そろそろ帰りますよ。
カモメが気持ちよさそうに飛んでます。ああ,もう少しお天気がよかったらねぇ。

キミたちがやって来た痕跡を砂浜にしっかりと残して帰ろう〜。
・・・という訳で,VIEの海へのリベンジは来年へと続く。・・・かな?・・・かも???

この後みるくさんちで,ますみみさんからいただいた白菜を使ってちゃんこ鍋で新年会をしました。
「もうこれ以上食べられません」というほど食べに食べ,心もお腹も大満足の一日でございました。

ますみみさんには,鮎ちゃんもVIEもお年玉ならぬおやつ玉(笑)もいただいてしまいました。
またレポ作成にあたり,お写真もたくさん使わせていただきました。
重ね重ねどうもありがとうございます。Thank(y^o^u)!
またぜひ一緒に遊びiに行きましょう〜。(o^∇^o)ノ